車のための2種類の保険とその違い

車には2種類の保険があり、一つは自賠責保険、もう一つが任意の自動車保険です。

 

自賠責保険は任意保険とは違って絶対に入らないといけないことから、強制保険とも呼ばれ、保険未加入とならないように車検時にお金を払うようになっています。

 

なお、自賠責保険が適用になるのは相手の体に対する怪我の補償だけであり、自分が怪我をしたとしても補償は一切ありません。

 

後遺障害を負わせた場合は4000万円、命を奪ってしまったら3000万円を限度に補償されますが、近年は1億円規模の補償が命じられることが多いため、巨額の金銭負担を背負い込むことになります。

 

しかも自分も怪我をしたとなるとまさに絶望的な状況に陥るために、これを救ってくれる任意の自動車保険が不可欠です。

 

対人対物無制限にしておけば、相手も自分も限度なく治療費を補償してくれる他、車や家屋などを壊してしまった場合も補償してくれる頼もしさから、加入しておくメリットの大きい保険となっています。

 

 

ページ上部へ
各種お支払い方法対応
電話番号: 072-484-2379
お問い合わせ